2015年12月23日
トーノZERO映画感想 total 888 count

感想・映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「まあ。はっきり言って期待しないで見た。何しろ、オール・ユー・ニード・イズ・キルとは英語としてなめらかとは言いがたい。アジア人が考えたような英語」

「それで中身はどうだった?」

「うん。面白かった。ループものってたいていたるいんだけどさ。たるさは最低限に収まっていて、終わってみれば問題を感じないレベル。UQ Holderもループものとしてはたるくなかったけど、映画としてはこっちも良かったと思う」

「ループものとして出来が良かった?」

「いや。映画として良かったよ」

「どこが良かった?」

「戦場から逃げ出そうとしていたひ弱な士官が、最後には立派な男になるところかな。あと、J小隊の愉快な仲間達」

「ふーん」

「それからさ、ラスボスの破壊が凄く静かに行われるのも良かったよ。結局J小隊が生き延びたこともね」

「本当に出来が良かったのか」

「その通り。昨日見たフォースの覚醒がかなり期待外れだったので、良い口直しになった」

「弱点はないの?」

「強いて言えば、このオール・ユー・ニード・イズ・キルというタイトルはかっこ悪い」