2016年03月03日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 1092 count

続・暗黒星団帝国の解釈にも飛び火した

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

Subject: 暗黒星団帝国の解釈にも飛び火した

Keyword: 【▲→トーノZERO→アニメ感想→宇宙戦艦ヤマト】

URL: http://mag.autumn.org/Content.modf?id=20160229092732

名前: どん

本文:

こんにちは、どんです。先日はどうもです。

アトランティス→ガトランティスならばその相方は"ガ"繋がりでアトラス→ガミラスというのはどうでしょう?

つまりヤマト2とはガトランティス=女性形の中にガミラス=男性形の象徴たるデスラーが入り込んで真上と真下から突く話……

スミマセン、今回はただの下世話な戯言です。

「よく考えると、彗星帝国には波動砲、デスラー砲に匹敵する切り札がほとんど無い。超巨大戦艦の大形砲と火炎直撃砲ぐらいだ。つまり、ほとんどの戦いは受け身」

「射精的な切り札をなかなか出せない彗星帝国は、ある意味で女性的なのだね」

「そしてデスラーは男性的。デスラー砲を彗星帝国の駆逐艦に撃ってしまううし、女性的なミルも撃ち殺してしまう」

オマケ §

「で、女性の真上と真下ってなに?」

「僕お子さまだからわかんなーい」

オマケ2 §

「で、女性の真上と真下ってなに?」

「真上はつむじ。白色彗星の渦巻きに似ている」

「真下は?」

「かかと。【踏みつぶせ】の実行手段」

「ぎゃふん」

さらばオマケ §

「さらば宇宙戦艦ヤマトでは、ヤマトが中心核に射精して都市帝国が産まれた」

「下品なことを言っているとデスラーに落とされるよ」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §