2016年03月23日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 560 count

競技かるたの映画「ちはやふる」を見てヤマトを思い出すことなどあるのだろうか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「競技かるたの映画「ちはやふる」を見てヤマトを思い出すことなどあるのだろうか?」

「分かったぞ。競技かるたと言えば題材は百人一首。百人一首といえば、大和地方。つまり、ヤマトを連想したんだろう?」

「外れだ」

「じゃあ、いったい何だよ」

「映画「ちはやふる」って、実はROBOT制作」

「ROBOTって何だよ」

「SBヤマト製作した会社だよ」

「つまり、あのロボットが冒頭に出てきたの?」

「いや、出てこなかったが、文字でROBOTを確認した」

「それで君はヤマト気分に浸って映画を見ていたんだね?」

「いや、圧倒的な迫力で乱舞する殺人かるたに度肝を抜かれてすぐ忘れてしまったがね」

「ぎゃふん」

オマケ §

「静謐な印象を裏切るダイナミックな映画としては、デンデラとこれが双璧だろう」

「そんなに?」

「だって、【人が死んでる!】というシーンが複数ある」

「競技かるたの映画なのに?」

「そうだ。印象を裏切るだろう?」

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §