2016年03月31日
遠野秋彦の庵小説の洞 total 1116 count

三百字小説『一網ダージリン』

Written By: 遠野秋彦連絡先

 紅茶窃盗団が出た。

 警察は網を張って窃盗団を全員まとめて逮捕した。

 「どうだ。これで一網ダージリンだろう」

 「それはどうかな?」

 「まさか他に仲間が?」

 「俺達が窃盗したのはダージリンではなく、アールグレイだ!」

 「どっちにしても、窃盗は罪だから逮捕」

 結局、紅茶窃盗団は逮捕された。

 「一件落着であ~るぐれい」

 ダジャレの寒さに一同が凍り付いた隙に紅茶窃盗団は逃げ出した。

(遠野秋彦・作 ©2016 TOHNO, Akihiko)

遠野秋彦