2016年05月04日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記 total 1433 count

思いがけず東郷寺住職の生の読経を聞く

Written By: 川俣 晶連絡先

「東郷寺と言えば、ムダ堀関連で周辺を歩き回っているときに到達した寺だ」

「それで?」

「思いがけず東郷寺住職の生の読経を聞いた」

「どうして?」

「親戚の葬儀に参列したとき、来たのが東郷寺の僧侶だったからさ」

「まさか」

「現実問題として寺の大半は知らない。知っている寺はわずかしかない。その寺から人が来るとは本当に腰を抜かした」

「なるほど」

オマケ §

「それで話はおしまい?」

「いやいや」

  • 移動のマイクロバスが調布飛行場付近を走ってビックリ
  • 行き先が多磨霊園の横の焼き場でまたビックリ
  • 精進落としに連れて行かれたのが、東八沿いの木曽路でまたびっくり。前を何回も自転車で通った場所だ
  • 帰りに弟の車に便乗して家に戻ったが、その時また調布飛行場に付近と木曽路の前を通ってびっくり

「何か言いたいことはあるかい?」

「オレに自転車を寄越せ。それで木曽路から帰宅できる……と思ったがね」

下高井戸周辺史雑記