2016年05月16日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 984 count

ヤマト世界の第10番惑星の謎

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「実はこのページで面白い記述に気づいた」

「どんな内容?」

  • In the anime series Space Battleship Yamato (1974) there are eleven planets in the solar system. In the English dub, the first season names the tenth planet Minerva (destroyed by the Gamilons, it's not clear if it became an entire asteroid belt or just a large asteroid field), and the second season names the eleventh planet Brumus (attacked by the Comet Empire).

「つまりなに?」

「ポイントをインチキ意訳すると、こうなる」

  • ヤマト世界の太陽系には11個の惑星があり、第10番惑星はミネルバ。ガミラスによって破壊された(その結果、アステロイドベルトになったのか、小惑星地帯になったのかは明確ではない)。第11番惑星はブラマス」

「ちょっと待て。ミネルバ?」

「Minervaだ」

「つまり、ガミラスが来るまでは第10番惑星が存在していた?」

「日本での設定はそうではないね。でも英語での設定はそうなっているようだ」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §