2016年05月22日
トーノZERO映画感想 total 1261 count

感想・映画「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」【ネタバレ注意】

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「なぜこれを見ようと思ったの?」

「うむ。それはだな。この映画の前作が良かったのと、実は少ない上映劇場の中に自分の行きつけのTOHOシネマズ府中が入っていたからだ。これはもう、おいらに【見ろ】と挑戦されたようなものだと判断した」

「それで?」

「しかも、自分が見たのはプレミアスクリーンの最前列で左右に誰もいない」

「ガラガラ?」

「いや、後の方はかなり埋まっていた」

「それで見てどうだった?」

「予想よりも面白かった。良かったと思うよ」

「何かこれという要素は?」

「適度に笑いが入るのが良かった。みんなで笑える映画。これはいい」

「特に良かった箇所は?」

「ヒロインが必死に抵抗して相手を見ながら拳銃を取ろうとして変態仮面の胯間に触れてしまい、【それは私のマグナムだ】と言われるとこだな」

「特徴で何か気づいたことはある?」

「スパイダーマン風あるいはマーベル風の表現が割と多かったが、結局縄アクションを蜘蛛糸アクションになぞらえているだけで、致命傷になるほどではなかった。むしろ、マーベル風にやった邦画の中では出来が良い方だろう」

「そんなに?」

「世界よ、これが日本のヒーローだと言ってマーベルのヒーローに負けないのは変態仮面かもしれない。全てのヒーローを知っているわけではないが、変態仮面はその資格がある和製ヒーローの一人ではないかな。ウルトラ、ライダー、戦隊よりも日本を背負うに値する」

オマケ §

「で、最後に何か変なものが見えたのは次作への引きなのかな」

「何かあったのか」