2016年06月07日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記 total 1392 count

西武新宿線はいかにして新宿駅に乗り入れようとしたのか?

Written By: 川俣 晶連絡先

「以前、ルミネエスト(新宿ステーションビル, マイシティ)の2Fに西武新宿線の駅用地が確保されていたが、20m級6両しか入らないので乗り入れを断念したという話をどこかで見たような気がする」

「それで?」

「その時は、このビルの中のホームがある形態を想定したがどうも違うらしい」

「どう違うんだい?」

「ビルの中に確保されたのは改札用地で、線路とホームはビル北側の高架上に予定されていたようだ」

「話はどこでこんがらがったのだい?」

「自分が誤解した資料も良く覚えていないし、はっきりしない。しかし、罠があることは気づいた」

「どんな罠だい?」

この側面図を見ると、駐車場には車の絵が描いてあって、2Fには電車の絵が描いてある。しかし、駐車場には確かに車が入るが、2Fにあるのは改札であって電車ではない。模式的に電車の絵を駅のサインに使うような用法で描いてあるのだろうが、実は紛らわしい」

「車の絵はそこに車が入るのに、電車の絵はそこに電車が入るわけではないのだね」

オマケ §

「しかし、それと同時に地下駅予定の断面図も強烈だね」

「かなり深い地下みたいだから、感じは京王の新線新宿みたいな感じかな」

下高井戸周辺史雑記