2016年06月11日
トーノZERO映画感想 total 559 count

感想・映画「ギャラクシー街道」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「最初は苦しかったけれど、見終わってみれば面白かったな」

「どこが苦しい?」

「キャラも独自設定も多すぎる」

「何が良かった?」

「軸になる人物が実は二人きりで、終わってみれば複雑な話でも無かった」

「他に気づいたことは?」

「この映画、実はオタク的な価値観を全否定している」

「それはなに?」

「ウルトラマンって素晴らしい……と疑問なく言えるオタク的な価値観に対して、ウルトラマン的なヒーローであるキャプテン・ソックスのヒーロー性は信じられていない。事実として、本気でヒーロー的な価値観を信奉する行為は痛いが、それはオタクとは相容れない」

「それって、まるでオタクとは痛い存在だと言っているみたいだぞ」

「みたいじゃなくて、そう言っている」