2016年06月14日
トーノZERO映画感想 total 1432 count

感想・映画「デッドプール」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「最近、気分が良いので14日の割り引き日だし、何か映画を見ることにした」

「それで見たの?」

「見たい映画は複数あったが、もっとも得体が知れないのがデッドプールだったのでね」

「団地は?」

「それは14日が割り引きになる近くの映画館ではやってなかったので」

「それで面白かった?」

「うーん。けっこう微妙」

「X-MENが二人だから?」

「そこはいい。不必要に登場人物を増やすと見ている側が覚えきれない。二人で十分」

「じゃあ、どこが良くない?」

「実は構成が典型的な起承承承で、物語が面白くない」

「要するに設定語りだけで終わってしまうわけだね」

「結局。下品な物言いや、第四の壁を破る意外性だけで引っ張っているが、それで満足する人しか満足しないような気がする」

「下品な物言いだったらTEDも凄かったよね?」

「TEDの方がシナリオがしっかりしていたと思う」

「じゃあ、他に何か言うことは?」

「マーベルの映画は良く出来てる映画は良く出来ているが、そうでもない映画も意外とあるな……と最近思う」

「では、見ない方が良かった?」

「いや。見て良かった。いろいろな意味で示唆が多いし、キャラの魅力が無いわけでもない。弱点も含め、やはり一度は見ておくべき映画だと思った」

ラストバトルの舞台の謎 §

「で、ラストバトルの舞台なんだが。空母っぽいが荷物がいろいろ置いてあって空母でもないだろう。ああいう施設なんだろうと思ったら違った」

「何なの?」

「日本語のWikiPediaには【巨大航空母艦がある廃棄場】と書いてあるのだがね。あれは普通の意味での空母には見えない。そこで、英語のWikiPediaを調べたら【 decommissioned helicarrier in a scrapyard.】と書いてあった」

「スクラップヤードの廃棄されたヘリキャリアだね」

「そうだ。そして、このヘリキャリアはヘリ空母という意味ではない」

「えっ? じゃあ何なの?」

「マーベルの作品に出てくる飛行する空母のことだ」

「アベンジャーズに出てくるアレ?」

「その通り。いろいろな作品にいろいろな姿で出てくる。そのヘリキャリアの破棄された姿が出てきているわけだ」

「うそー」

「英語版WikiPediaのHelicarrierの項目にはこう書かれている」

  • In Deadpool, a decommissioned Helicarrier, found in a scrapyard, is used as a setting for the final battle.

「ずばり、デッドプールの最終バトルだって書いてあるね」