2016年06月24日
トーノZERO映画感想 total 1205 count

感想・映画「サラリーマンどんと節 気楽な稼業と来たもんだ」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「クレージー映画として見たのだがね。実はクレージーはちょっと出てくるだけで物語は別の役者で進められる。でも、けっこう面白かった」

「どこが面白い?」

「不正のある大会社の地方支社が、経営者の子息が来るというので来る前に不正を精算しようとするが、学歴は低いが勉強家の働き者の堅物社員を籠絡できずに破綻する。分かりやすいスケール感と意外性のある展開であった」