2016年08月30日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記 total 2624 count

ドメインコントローラの時刻が致命的に狂っている問題

Written By: 川俣 晶連絡先

現象 §

 DCサーバー(Windows Server 2012R2)の時刻そのものが不正確であることを発見。数十分の狂いがあった。NTPの時刻同期が正常に行われていれば考えられないことである。

原因 §

 実はNTPの時刻同期は行われていなかった。

解決 §

 以下のページを参考にした。

 管理者権限のコマンドラインで以下のコマンドを実行。

  1. w32tm /config /syncfromflags:manual /manualpeerlist:ntp.nict.jp /update
  2. w32tm /resync
  3. w32tm /query /status (設定確認)

感想 §

「今回の件はちょっとやばかった」

「なぜ?」

「プログラムの動作テスト中に、DCサーバーに保存したファイルのタイムスタンプが数十分狂っていることを発見したのだ。最初は保存しても保存した時刻のファイルができないので、ファイル保存が実行されないバグあると思ってしまった」

「バグだと思うと真の問題には近づけないね」

「そうだ。でも、テストを繰り返す内に、ファイルのタイムスタンプは更新されているがタイムスタンプの値が異常だと分かった」

「そこでサーバそのものにリモートデスクトップで接続して時間を確認して発覚したのだね」

「そうだ。すぐに気づくことができて、まったく運が良かった」