2016年10月26日
トーノZERO映画感想 total 1062 count

感想・映画「キャバレー(1972)」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「これは文句なく面白い。しかも、もの凄く面白いし映像も演出も良い。ミュージカルは長めになるのだが、それでも124分で納めてあるのは偉い。良く出来ている」

「どこが良かった?」

「キャバレーでの男女の三角関係の話と思わせて実は凄く辛辣」

「たとえば?」

「我が物顔のナチスがずっと背後で出続けているし、三角関係がすり替わっていくホモ展開は見事だ。ユダヤ人問題もあって辛辣」

「他には?」

「歌っているシーンは退屈しがちだが、この映画に限っては退屈しなかった。それも見事だな」