2017年05月02日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り total 939 count

しょうけい館・春の企画展「戦傷をのり越えて描いた日々~水木しげる・上田毅八郎の軌跡~」

Written By: 川俣 晶連絡先

「九段下行ってきた。最短の時間で回る強行軍は単独行動しかないな」

「それでどうだった?」

「非常に良かった」

「どのあたりが良かった?」

「上田毅八郎画の輸送船や空想線などの多くの絵が展示されていた。ウォーターラインシリーズの軍艦絵とは違う世界だ。まあ少しは軍艦絵もあったが」

「他には?」

「水木しげるが南方に行くために乗った信濃丸の絵を上田毅八郎が描いているが、別に連動企画で描いたわけではなく、山ほど描いた絵の1枚に過ぎないのだろう。同じ世界にいたってことだ」

「なるほど」

「しかも、信濃丸は日露戦争のあの殊勲船で、太平洋戦争の頃はおじいちゃんだ」