2017年07月19日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 941 count

大きくなるヤマト・小さくなるヤマト

Written By: カワマタアキラ連絡先

「ヤマトの全長はSBヤマトやヤマト2199で巨大化している」

「それで?」

「でも、社会的な存在感はむしろ小さくなった」

「それはどうして?」

「実はね。ヤマトは多くの人にとって心の故郷だった。それは心の中で大きいものであった。そしてここが重要。心の中のヤマトはどんなに矛盾していても全て問題なく併存する」

「ふむふむ。それで?」

「しかし、具体的な映像が与えられた瞬間、それは描かれた映像のサイズに縮退してしまう」

「心の中の映像は?」

「もはや、それがヤマトとは承認されなくなる。ヤマトとは目に見える存在であり、それと異なるものはヤマトではないとして見える」

「心の中のヤマトがカウントされなくなって、ヤマトファンが見ているヤマトになって、存在感はむしろ小さくなってしまうわけだね」

「そうだ。今のヤマトはとても小さいよ」

オマケ §

「大きくなるよ小さくなるよ凄いよ」

「夢見てた不思議な世界へ、また今日も連れてって」

「ヤマトが反乱を起こして発進しました!」

「また今日もか」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §