2017年08月01日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 748 count

デスラーがモデラーになる時

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ヤマトの諸君、また会えて光栄のイタレリ。君たちのヤマトはタミヤブランドが自慢かも知れないが、我がデスラー艦はイタレリなのだよ。はっはっは」

「デスラー。良い知らせと悪い知らせのどちらから聞きたい?」

「では悪い知らせから」

「どっちもバンダイのOEMだ」

「……」

「良い知らせを聞きたいか?」

「頼む」

「同じデスラー艦が秋葉のヨドバシに積んであった。撃破されても予備はあるぞ。パッケージは違うが、中身のランナーは同じだ」

「どこが良い知らせだ。ヤマトは3倍積んであるではないか」

オマケ §

「はっはっは。我がデスラー艦はヤマトの1/3のパーツ数だ。ヤマトより先に予備が完成するぞ」

「すまんデスラー、君が作っているのはコアシップという商品でデスラー砲が付いていない」

「ヤマトにとどめを刺せないでは無いか」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §