2017年10月07日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 799 count

宇宙戦艦ヤマト本放送をモノクロテレビで見たことは自慢になるか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「1974年当時、宇宙戦艦ヤマト本放送をモノクロテレビで見たことは自慢になるか?」

「なぜそんなことが気になるの?」

「だってさ。1974年当時の感覚だと、チャンネル権争いに負けてカラーテレビが使えなかった敗北そのものなんだぜ」

「ハイジへの敗北だね」

「まあ人によって違う、という話もあるがな」

「君は見たのかい?」

「その通りだ。モノクロテレビで見た」

いつまでモノクロ? §

「いつまでモノクロで見たの?」

「ハイジが終わるまで。だから、年が変わってからはヤマトをカラーで見られたはず」

「1975年になってからということだね」

1975年1月5日の謎 §

「しかし、未だに良く分からないことが1つあってな。1975年1月5日に放送されたフランダースの犬第1話をリアルタイムで見たような記憶があるのだが、それはあり得ない」

「なぜ?」

「その日にヤマトを見ていたからだ」

「証拠は?」

「間違いなくその日に録音したヤマトの音声が残っている」

「な、なるほど……」

「おそらく、どこかに記憶違いがある」

「なぜフランダースの犬が印象に残っているの?」

「原作小説と比較しながら見たら、まるで展開が違って愕然とした記憶があるからだ」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §