2017年10月24日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 751 count

ナスカ級のレスカとキスカはどう違うのか

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

あるとき、ナスカ級の空母にレスカという名前を与えた

「うん」

「ヤマト2199のスタッフはキスカという名前を与えた」

「それがどうした」

「その2つは何が同じで何がどう違うのか」

「ふむふむ」

「そもそも、同型艦で語尾を揃えるネーミングの事例は少ない。ラト姫物語ではやったがね」

「それで?」

「そういう意味で、特殊なネーミングで似ていると言えば似ている」

「じゃあ、何が違うの?」

「うん。そういう前提で考えると、先頭1文字を置換して同型艦の名前を作るとすると、いちばん似合わない名前がレスカ。いちばん付けてはならない名前がキスカ」

「どっちもダメじゃん」

「そう。どっちもダメなのだ」

「なぜダメなの?」

「レスカと言えば、レモンスカッシュの略称。これほど軍艦に似合わない名前もない」

「そうだよな。コーヒー級空母とかコーラ級戦艦とか紅茶級巡洋艦なんてないものな」

「ましてレスカだ。とても似合わない」

「そんな似合わない名前をなぜ付けた」

「似合わない名前をあえて付けるミスマッチだよ。諧謔と言っても良い。これは本気で書かれたストレートな作品ではない、という意思表示だ」

「つまり、【飛鳥の征けぬ空はなし】のパロディに過ぎないってことだね」

「そうだな。真面目な体裁を取り繕っているが、本来は笑いのために書かれたものだ」

「それでキスカは?」

「キスカは【奇跡の作戦キスカ】という映画があり、しかも史実の奇跡的な撤退作戦が行われた場所でもある。あれは史実の上で意味がある名前であって、うかつに使っても変なイメージが付いてしまって好ましくない名前だ。まあはっきり言って普通のフィクションなら名前負けする。それどころか、要らない反感を買う可能性すらある」

「だから、付けてはならない名前なのだね」

「そうだな。おいらはそう思う」

「だから、いちばん似合わない名前がレスカで、いちばん付けてはならない名前がキスカなのだね?」

「そう思うよ」

オマケ §

「だからさ。レスカの艦長の名前はカフェオレで、『そうだ。サイダーを飲むか?』と言われるダサい展開に入るんだぜ」

「やってやるぜ、的な展開だね」

「しかも次に来るのはミルク」

「まさに、スタン帆船的な、というかラムネ的な展開」

「これは真面目に書かれた作品ではありませんよ、というサインとしてそこに入っているのだ」

「下手に真似したら自動的に『真面目に書かれていませんよ』というサインを取り込むことになってしまうわけだね」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §