2017年11月12日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 974 count

大ヤマト零号に残る大銀河シリーズ 大ヤマト編7vs7の残り香

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「このあたりを参考にして語る」

http://www2u.biglobe.ne.jp/~maja/news_02_anime06_newyamato_02.htm

「それで?」

「大ヤマト零号を見ていると気になるキーワードがいくつか出てくる」

「それはなんだい?」

「接敵することを【バーサスする】と言うが、これは7vs7のvsの部分が残ったものだろう。それから、敵の7つの敵艦隊と明言されているこれも7vs7の【敵の7つの艦隊】の設定が残ったものだろう。西暦3199年は言うまでもなく共通だ」

「ってことはなんだい?」

「天の川銀河→A銀河(あーぎんが)ということは推定が付く」

「それだけ?」

「そうすると、ティム艦隊もおそらく味方の7つの艦隊の一つなのだろう」

「七千艦隊とか、その他台詞に出てくるいろいろな艦隊は?」

「そこまで行くと、厳密なところは分からないが、いずれかは味方の7つの艦隊として設定されたものだろう」

「大ヤマト零号の敵は7つの艦隊なのかい?」

「一応カウントすると7ついる」

  • メタノイドラッケン×4
  • 影の艦隊
  • 白亜帝艦
  • メタノイド・インセクター

「分割行動しているメタノイドラッケンは艦隊と承認するとしても、単艦行動しているのも含まれるよ」

「そのあたりはティム艦隊もマミーしかいないしな。大差ない」

「ってことはなんだい?」

「大ヤマト零号も本来は単体で【艦隊】としてカウントされていたのだろう。そういうニュアンスは7vs7から読み取れる」

「つまり、七千艦隊に参加を許されていながら単艦行動が多い大ヤマト零号は、大ヤマト零号そのものが独立した艦隊という設定が影響しているわけだね」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §