2018年01月11日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 676 count

コスモウォーリアー零のガンフロンティア編はどこが秀逸なのか

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「コスモウォーリアー零のガンフロンティア編はどこが最も優れているのか」

「どこ?」

「実は登場人物の全員が間違いを起こしている」

「えー」

「通常、ハーロックとトチローは間違いを犯さないヒーローとして描かれる。しかし、ここではその常識が反転している」

「どう反転しているんだよ」

「トチローは若い女に目が眩んで磔にされるが、トチローを救うために怒ったハーロックとエメラルダスが来てしまう」

「それで?」

「でも、トチローが悪かったと知るとハーロックは街の人たちに謝る。エメラルダスはトチローを助けに来たのに、若い女に目が眩んだと知ると助けずに引き返してしまう」

「そこが、ハーロックらしくない、トチローらしくない、と見られてしまうところだね」

「しかし、【謝ったら死ぬ病】の患者ではない健全な人間なら間違うことはあるし、謝ることができるのは健全な人間の証拠。謝るハーロックはやはり人間として大きく見えるし、惚れた女がいるのに色香に迷うのは男のサガ。トチローは人間くさい」

「そこが、他の作品と違う秀逸な点だね」

「そもそも、本来のガンフロンティアのトチローとハーロックも間違う人間だ」

「ドジをいっぱい踏んでいるね」

「しかも、シヌノラを怒らせて【もう知らない】という態度にさせることもある。こっちの方が自然なハーロックとトチローだよ」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §