2018年03月22日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記 total 1491 count

OneDriveやOfficeの初期設定で認証が通らない問題

Written By: 川俣 晶連絡先

問題 §

 OneDriveやOfficeの初期設定を行っているときに、正しいマイクロソフトアカウントを入力しているにも関わらず認証が通らないことがある。

原因 §

 個人アカウントと組織アカウントの二系統が存在するが、マイクロソフトアカウントは個人アカウントに相当する。組織アカウントの認証画面に対していくらマイクロソフトアカウントを入力しても通らない。しかし、Windows 10アカウント作成直後の状態からOneDriveのアイコンを開くと自動的に組織アカウントの認証画面に連れて行かれてしまう。

 Office2016の場合はどちらのアカウントか選択するUIが出る場合もあるが、ここで間違えると同じ罠に落ちる。OneNoteを使用開始する際、最初に【開く】際に認証のアイコンを使うと組織アカウントの認証画面に進んでしまい、迷いやすい。

解決 §

 個人アカウントとしてマイクロソフトアカウントを認証する。方法は以下の通り。ただし、環境が違うと同じ方法では済まない可能性もある。

  • OneDriveは設定画面の【アカウントを追加】からID追加を行う
  • OneNoteで既存のデータにアクセスする場合は【開く】の画面で直接認証に進もうとせず、OneDriveを選ぶ
  • その他の場合は、選択を間違わないようにする