2018年04月11日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 685 count

天田の新たなる旅立ち

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ヤフオクで天田の新たなる旅立ちカードをゲットした」

「どんな内容?」

「これは台紙に貼り付ける形式でコンプリートはしていない」

天田1 天田2

「それで何か気付いたことがあるのかい?」

「絵は無いのだが、405番、【巨大戦艦と敵戦闘用空母の攻撃を受けるヤマト】という説明文がある。巨大戦艦はプレアデスだが、敵戦闘用空母という表現は目新しく思えた。デーダー艦隊はプレアデスと護衛艦だけだと思っていたので、ちょっと意外」

「それは永遠にに出てくる暗黒星団の空母とは別物なのかい?」

「たぶん別物じゃないかな。あとでチェックを要する」

「ふむふむ」

「あと自分の見落としに気付いたこともある」

「それはなんだい?」

「デーダー艦隊の艦載機は円盤形戦闘機と芋虫型戦闘機だが、ゴルバの艦載機は戦闘ヘリコプター」

「芋虫型戦闘機と戦闘ヘリコプターは違うもの?」

「イエス」

「戦闘ヘリコプターが宇宙を飛ぶの?」

「イエス」

「なぜ戦闘ヘリコプターの存在を見落としたの?」

「実は、永遠にには円盤形戦闘機と芋虫型戦闘機のリニューアル版が登場し、比較する側面図も見たことがある。ところが、戦闘ヘリコプターに関しては永遠にに登場せず新たなる旅立ちオンリーらしいのだ」

「なるほど。永遠にを起点に世界を見ていると見落とすメカってことだね」

「逆にいえば、戦闘ヘリコプターは明らかにコブラやアパッチの系統のデザインだから、似たデザインの芋虫型戦闘機も、似たような発想でデザインされたものではないか……と想像ができる」

「あり飛行機っぽくない芋虫型戦闘機の謎だね」

「そもそも芋虫は空を飛ばない」

「でも、あれはローターを取ったアパッチだと思えばそれはそれで納得するわけだね」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §