2018年04月22日
川俣晶の縁側ソフトウェア技術雑記 total 2448 count

ClickOnceとSquirrelの比較

Written By: 川俣 晶連絡先

概要 §

 ClickOnceを止めてまでSquirrelを利用するためのメリットが非常に読み取りにくかったので、比較を試みてみた。両者にはメリットとデメリットがあることが分かった。

ClickOnceの特徴 §

  • MS純正
  • 古い
  • 簡単にインストーラーを作成できる
  • アップデート時に利用者に問い合わせが発生する

Squirrelの特徴 §

  • OSS
  • 新しい
  • nugetパッケージの技術を使っているので、インストーラの作成がまわりくどくてめんどくさい
  • アップデート時に利用者に問い合わせが発生しない (サイレントインストールができる)

どちらを使うべきか §

  • 限定された利用者だけが使う内部ツール (手間を掛けたくない) → ClickOnceで十分。Squirrelで掛かる追加の手間は正当化できないかもしれない
  • 限定されない一般利用者が利用する一般アプリ → 利用者に手間を意識させないために、手間が掛かってもSquirrelで行った方が良い

 ただし、一般利用者向けにはWebアプリとして作成する方が望ましいと思うなら、Squirrelの出番は無い。Webアプリとしては作成できず、かつ、一般利用者向けというかなり狭い領域にのみ、Squirrelの出番は限定されてくるのではないか。

感想 §

「結局問題はなんだい?」

「Squirrel、手間が掛かりすぎるんだよね」

「本来、nugetから入れるという一手間ですら余計なのに、nugetパッケージまで作らないとならないからね」

「そう。ほとんど使い捨てみたいな便利ツールをどのマシンでもすぐ起動できるように配置するだけなら、ClickOnceの方が圧倒的に楽」

「他に何か問題は?」

「Squirrelは読み方が良く分からない上に、馴染みがない言葉。しかも、同名のプログラミング言語まであって検索がめんどくさい」