2018年05月04日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記 total 1006 count

荻窪の善福寺川南部水路網を再発見する

Written By: 川俣 晶連絡先

「西田小から北西方向に進むと、いくつもの水路跡を横切る」

「それで?」

「興味はあったが他の用事があったのでずっとスルーしていた。しかし、ある時地図を見ながらハッと気付いた」

「何に気付いたんだ?」

「実はこれ全部1つの水路網。多数の分岐や回りくどい流路で見えにくくなっているが、それらは全て一つの善福寺川の支流から分岐したもの」

「なるほど」

「しかも、その末端は高井戸東まで到達している可能性があり、かなり長い」

「可能性?」

「今のところ、具体的にどこまで続いていたかの確認は取れていない」

「これが君の次の研究課題かい?」

「いや。少々遠いから近くの人に任せる」

オマケ §

「このあたりで述べられている松庵川とおそらく同じことであろうと思う」

「西荻方面も水路跡もずいぶん君は調べたね」

「しかし、今の興味はそこにはない」

「興味はもっと別のところにあって、そこはこのブログでも未調査領域ということだね」

下高井戸周辺史雑記