2018年06月27日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記 total 633 count

突然蘇る【高井戸のテニスコート】の問題。実はテニスコートは多かった

Written By: 川俣 晶連絡先

「別件で過去の自分の書いたものを調べている時に気付いた」

「それはなんだい?」

「高井戸のテニスコートを過去(2014年)に話題にしていた」

「それで?」

「実は最近(2018年3月)にも、【杉並区南部 1959 (東京都全住宅案内図帳) p7】という地図に複数のテニスコートを発見していたのだ」

「どこ?」

「以下の2箇所」

  • 高井戸東2丁目5−2のあたり
  • 高井戸変電所の敷地の一部(南東部)

「これだけ?」

「あくまでこの地図の範囲だけ。その周辺にも色々あったと思う」

「なぜまだ農地が多かった高井戸にテニスコートが?」

「三蔦苑が存在し江渡狄嶺が住んでいたからな。家庭学校もあった。文化人が集まりやすく、テニスコートにもニーズがあったのだろう」

「なぜ今はないのだろう?」

「今、文化人が集まるのはここではないし、テニスもブームという感じではなくなったな」

下高井戸周辺史雑記