2018年12月01日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り total 1184 count

野猿峠ハイキングコース・平山城址公園~多摩テック跡地~南平緑地

Written By: 川俣 晶連絡先

「ともかく。平山城址公園から東に向かって歩きたかったので歩いた」

「それで?」

「本当は高幡不動駅まで行くつもりだったけど、挫折して途中で南平の駅に降りてしまった。続きは今度ね」

「感想は?」

「きつい。多摩丘陵なめたらあかん。近くに見えてもすぐ行けるとは限らない」

「えー」

「ここ割と歩きにくいぞ」

「他には?」

「明治大学なにやってるの。多摩テックの跡地は放置状態」

「それだけ?」

「多摩動物公園の裏を歩いたぞ」

「今日歩いた範囲は野猿峠ハイキングコースそのものと思っていいの?」

「一部は尾根道ではなく、改変されている可能性を感じた」

おまけ §

「このあたりのブログ記事にある【途中で断念した】【風景が同じで飽きる】という2点の意味が分かった」

「どういうことだい?」

「まず、意外とこのコースは歩きにくい。尾根道だが、尾根が上がったり下がったりするので、意外と高低差がある。特に、階段が歩きにくい」

「それで、距離の見通しを誤ってしまう?」

「それもあるし、疲労度も誤る。ブログ主は水分不足になったようだが、冬場に行っても大変」

「君も予定を変更して途中で降りたわけだね」

「それから、風景が同じというのはその通り。もうすぐ高幡不動かと思ったらまだ半分ぐらいだった。あれはめげる」

「経験者だね」

おまけ2 §

「そういえば、平山城址公園駅で、乗ろうと思ったバスの5分前に臨時便のバスが出ると言うことで、臨時便に乗れたのはラッキー」

「そんなことがあるんだ」