2019年03月16日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り total 842 count

ピンヘット山(?)・みはらし公園・武州江原山講社

Written By: 川俣 晶連絡先

「ピンヘット山はみはらし公園のやや東の高所との情報を得たので、実際に行ってみた。まず武州江原山講社に行って、ついでにみはらし公園にも行ってみた」

「はじめて?」

「武州江原山講社は前にも通過している。みはらし公園は初めて」

「武州江原山講社はどうだった?」

「そのものは割と新しい感じなので、これが建つ前は看板が立っていても不思議ではないかなと思った。ついでに、手前の土地もやや広いのでここに看板があったのかも知れない」

「中央線からここが見えると思う?」

「音がよく聞こえたが電車が見えなかった。音も京王線か中央線か分からない。しかし、大きな建物がない昔は見えてしまったのかも知れない」

「みはらし公園はどうだい?」

「ここには2つの入口があって、一つは北側の長い階段で、もう1つは環境省水鳥救護研修センター脇を通って上がる道。状況から見て、正規の入口は最初の方だがあまりにもハードすぎるので後から環境省水鳥救護研修センター脇を経由する道を付けたのだと思う」

「そんなにハード?」

「1回上がったら2回は通りたくないね。あの階段は」

「ひぃ~」

「公園から更に上がる階段があってどこに接続しているのか分からないが、確かめる気力も体力も残っていないから帰ってきたよ」

オマケ §

「多摩動物公園脇のかたらいの路で、下に降りる勝手な道ができているように見えると思ったのだが、ストリートビューでさつき公園をチェックしたらそのものらしい写真が出てきた。下に降りるとすぐにさつき公園らしい」

「そこを経由したら近道できたんじゃないか?」

「いろいろと、近道可能な経路があった可能性がある」