2019年04月29日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記 total 788 count

八王子市の真覚寺の【京王観音第三十二番】とは何か

Written By: 川俣 晶連絡先

「八王子市の真覚寺で、【京王観音第三十二番】の文字を見た時は驚いた」

京王観音第三十二番

「これはどんな意味なの?」

「調べてみた。これは【京王三十三観音霊場】というものの一つらしい」

「聞いたことがない」

「昭和10年に開かれたもので、現在は活動していないそうだ。ほぼ廃れた霊場らしい」

「昭和10年じゃ、とてつもなく古いよ」

「しかし興味深いことも分かるぞ」

「それはなんだ?」

「京王の沿線から選ばれた場所がリストアップされているのだが、昭和10年だと高尾線はまだない。めじろ台の駅は存在しない」

「えー」

「しかし、御陵線はある。この【京王観音第三十二番】は高尾線のめじろ台に近いから選ばれたのではない。御陵線の横山駅(武蔵横山駅)から近いから選ばれたのだろう」

「これはびっくり。歴史の驚異だね」

下高井戸周辺史雑記