2019年06月23日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記 total 1097 count

都立図書館訪問の成果は予想を遙かに超える・プールの歴史の理解深まる

Written By: 川俣 晶連絡先

「本当は昨日広尾の都立図書館に行くつもりだったが今日にずれ込んだ」

「目的はなんだい?」

「【水泳プール総合ハンドブック】を見るため。この本、所蔵している図書館が少ないんだ」

「井の頭駅前のプール研究の都合だね」

「まあ何も載ってなくてもしょうがないと思って見にいった。都立図書館まで行けば久々にストレス解消になると思ってね」

「結果はどうだった?」

「予想を裏切る大漁」

行き方 §

「渋谷から都01のバスで西麻布まで行って歩くのがいちばん手っ取り早い。それで行ってきた」

「それが楽なんだね」

「渋谷を除けばな。渋谷は工事中だからいつ行ってもどこかが変化している」

「ぎゃふん」

水泳プール総合ハンドブック §

「井の頭のプールへの言及なし。しかし、日本の初期のプールは海などの水を区切った天然プールから始まったと書いてあって、井の頭の天然プールの由来が良く分かった。ためになった」

「おお! 井の頭に言及はなくても役に立ったのか!」

京王・井の頭線 街と駅の1世紀 §

「昔の井の頭公園駅の写真にプールでも写っていないかとって待ち時間に見た。ところが大当たり。この本にに収録されている昭和12年の地図にプールが描いてある。場所や規模が良く分かった」

「予想外のヒット」

京王電車沿線名所圖繪 §

「府中~国立と御陵線が計画線として描いてあった」

「国立は幻だね」

京王電車案内 §

「府中までしか達していない京王の路線図だが、府営水泳場と書かれた施設があった」

「それはなんだい?」

「おそらく、多摩川遊泳場のことではないかと思われる。これから調査が必要だ」

京王電車沿線案内 §

「複写禁止になっていたのでの見るだけだったがネットに公開されていた。これだよこれ」

「何に興奮しているんだい?」

「金子に書かれた婦人専用プールの文字」

「それは何を意味するんだい?」

「全く分からない。おそらく、【井の頭のプール】【多摩川遊泳場】【金子の婦人専用プール】のトライアングルを解決できれば日本におけるプールの歴史が書けそうな気がする。根拠の無い予感だけどな」

その他の感想 §

「それで、ネットに公開されている路線図と同じものをコピーして君は満足かい?」

「うん。大満足だ。解像度は高いし透かしも入ってない」

「他に何かあるかい?」

「書籍に載っている京王の路線図は個人蔵が多い。羨ましいぞこのやろうと思ったが、実際に手に取って見ることができたので少し気分が良くなった」

下高井戸周辺史雑記