2019年07月19日
遠野秋彦の庵作品解説 total 675 count

宇宙巡洋艦NEO那智: 討伐! 重武装密輸船団・捨て身の偽装作戦

Written By: 遠野秋彦連絡先

宇宙巡洋艦NEO那智: 討伐! 重武装密輸船団・捨て身の偽装作戦宇宙巡洋艦NEO那智: 討伐! 重武装密輸船団・捨て身の偽装作戦

「辺境艦隊シリーズだね」

「でも外伝だ」

「なぜ外伝なんだ」

「重巡洋艦【高尾】の話ではないから」

「なぜ那智なんだ。今なら護衛艦【はぐろ】が話題だろ。那智より羽黒じゃないのか?」

「実は、この話は艦名が那智じゃないと成立しないのだ」

「どうしてだよ」

「地球近傍軌道警察、NEOーPO(Near Earth Orbital Police Organization)に派遣されたJSS-HC13那智がNEO那智を名乗って活動すると、どこに行っても【ネオナチお断り】と言われて泣くというアイデアが基本にあるからだ」

「それに意味があるのかよ」

「あるとも、最後は開き直ってネオナチに偽装して圧倒的優勢なテトリスト船団に入り込むのだから」

「まさに捨て身だね」

「捨て身の偽装作戦だ」

「ところで、表紙の那智は1巻表紙の高尾にそっくりだよ」

「高尾(リバプール級)の設計をベースに、日本連邦独自に武装を強化したのが妙高型という設定なのだ。妙高型3番艦の那智は高尾に砲塔を追加したものとして、あえて砲塔の追加以外は手を加えていない」

「日本独自の設計艦ということだね」

「そう。だから、那智は地球近傍軌道警察での活動に成功しなければならないプレッシャーも背負う。後継の国内設計艦に繋ぐためにも」

「成功しなきゃいけないのに、いちいちネオナチと誤解されて止められてしまうわけだね」

「その逆境をいかにはね除けて勝利を掴むのかが見せ場だ」

宇宙巡洋艦NEO那智: 討伐! 重武装密輸船団・捨て身の偽装作戦宇宙巡洋艦NEO那智: 討伐! 重武装密輸船団・捨て身の偽装作戦