2020年09月24日
遠野秋彦の庵小説の洞 total 238 count

三百字小説『勘定回路』

Written By: 遠野秋彦連絡先

 陰陽師博士は、絶対に売上げをちょろまかさない店員を産み出すべく、勘定回路を内蔵した人造人間次郎を製造した。

 しかし、博士の死により、次郎は不完全な勘定回路を持ってしまったが好評だった。人間の店員と違って給料を払う必要がなかったからだ。

 だが次郎の弟、三郎がデビューした。

 陰陽師博士が死んだ今、完全な勘定回路は無理であった。そのため。三郎は電卓を叩いて正しい計算を行う機能を備えていた。

 ついに、次郎と三郎が対決する日が来た。

 膨大な数字が二人提示された。

 次郎は一瞬で計算を終了したが間違っていた。

 三郎は一晩経っても電卓を叩き続けていた。計算が終了するのは地球の寿命が三回尽きた後だと見積もられた。

(遠野秋彦・作 ©2020 TOHNO, Akihiko)

遠野秋彦