2020年11月19日
川俣晶の縁側ソフトウェアC# コーディング How To total 708 count

【入門級】数値の右揃えと左揃え

Written By: 川俣 晶連絡先

 桁数を指定して数値を文字列にした時、桁数が足りない時があります。そういう時は空白を積めるわけですが、右に詰めるのでしょうか。左に詰めるのでしょうか。

 C#では、というより.NETでは指定によって右にも左にも詰められます。

 まず書式指定文字列で、カンマと桁数を書けば桁数を指定できます。サンプルソースのx,6

それにあたります。これは6桁で変数xの値を扱えという指定です。

 この時、桁数の数字にマイナスを付けると左に揃えろという指定になって空白を積める場所が入れ替わります。

罠の数々 §

  • 数値が指定した桁数を超えてしまうと、書式指定は意味がなくなってしまう
  • 数値以外でも、揃えることができる

参考リンク §

複合書式指定

 他に書式指定でどんなことができるのか、上記のリンクから確かめておこう。

リポジトリ §

https://github.com/autumn009/cshowto

RightAndLeft §

using System;

class Program

{

    static void Main()

    {

        int x = 12324;

        Console.WriteLine("6文字幅で右に揃えろ");

        Console.WriteLine($"[{x,6}]");

        Console.WriteLine("6文字幅で左に揃えろ");

        Console.WriteLine($"[{x,-6}]");

    }

}

実行結果

6文字幅で右に揃えろ

[ 12324]

6文字幅で左に揃えろ

[12324 ]

COOL C# CREW

C#ハウツー連載の解説増量、カラーのソース、新規書き下ろし追加の読みやすい単行本はこちら。

C#ハウツー: 逆引き入門・こんな機能はどう書くの?