2021年02月08日
遠野秋彦の庵小説の洞 total 270 count

三百字小説『社畜戦士のシャチ苦戦し』

Written By: 遠野秋彦連絡先

 社畜戦士はペットを飼うことにした。

 さっそく動物屋に行くと、犬や猫を見たがどれもピンと来ない。

 だが、運命の出会いが待っていた。

 水槽の中にシャチがいたのだ。

 「何となく。親しみを感じる。これだ!」

 さっそくシャチを買って帰ると「おまえも会社のために戦うのだ」と調教を開始した。

 そしてついにシャチの実戦だった。

 だが、シャチは苦戦していた。

 「なぜだ! お前の力があれば、あんな敵には勝てるはずだ! 会社の命令通りに戦え!」

 「彼は社命を理解する能力に欠けてました」

(遠野秋彦・作 ©2021 TOHNO, Akihiko)

遠野秋彦