2021年07月09日
川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読む total 1333 count

UQ HOLDER連載第185回感想【ネタバレ注意】

Written By: 川俣 晶連絡先

「うほほほ、本当に終わり向けて転がり始めたな」

「どうだった?」

「面白かったよ」

「それで、女子会はどうだった?」

「男だか女だか良く分からない人は九郎丸とナナコ。それで女子会なのだろうか」

「性転換願望者の桃源郷?」

「まあ、そのあたりはよりテーマは現代的になったと言えるのかも知れない、ラブひなの頃は要するの風呂の覗きがメインテーマで男と女の区別は今より明瞭だった」

「なるほど」

「相変わらず図書艦と艦隊は上手いね。かっこいい」

「他には?」

「膨大な【飾りではない】本に囲まれた部屋はやはりいいね。飾りの本への批判はあるが。ネギま!/UQの本棚はハシゴをかけて読みに行く前提だ」

「なるほど。他に何か?」

「ジェイコブズ・ラダー再登場」

「そのことに何か意味が?」

「映画ジェイコブズ・ラダーというのは、死にかけた人間が見た幻影を描いたものなんだ。だから筋が通らないことが起こる」

「それに何か意味が?」

「源五郎の告白だよ。彼は魔法の無い世界でトラックに轢かれて、魔法のある世界に来た。つまり、トラックに轢かれて死ぬ寸前の幻影がUQ Holderの物語だとしたらどうする?」

「だから、ジェイコブズ・ラダーなのか?」

「本当に何が起こるのかは分からないぞ。別の結末かもしれない示唆もある。そもそも、ジェイコブズ・ラダーは他の意味かも知れないしな」

UQ HOLDER