2010年04月04日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記 total 3263 count

世田谷線の若林駅で気になること

Written By: 川俣 晶連絡先

 世田谷線の若林駅は環七を渡ることで有名ですが。

 若林駅は環七沿いにはなく、少し引っ込んだ位置にあります。その理由は、おそらく駅設置時に環七は存在しなかったからでしょう。

 さて、若林駅と環七の間、下高井戸方面に小さな空き地があること。1両分のホームでもあったかのような空き地で、どうなのか気になっていました。

 そこで思いついたことです。

  • 駅東側には狭い道路と踏切がある
  • この踏切と環七の間に、電車2両分のホームを上下線分を確保する余地はおそらく無い
  • つまり、いずれかの時点でホームは現位置に移動したのではないか

今昔マップ2で見ると §

 今頃思いついて今昔マップ2で見ると、環七以前の昭和22年の地図では道路の東に駅があり、環七後の昭和42年の地図では西側にあるように見えますね。ただ、昭和22年の航空写真では既に西にあるようにも見えます。おそらく地図が古いのでしょう。よくあることです。しかし、ホームが東にあった可能性が否定されたわけではありません。

更に気付いたが §

 宮の坂駅と世田谷駅にも移動疑惑が。

下高井戸周辺史雑記