2010年12月19日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記 total 2669 count

水路跡発見と世田谷駅移動の必然性

Written By: 川俣 晶連絡先

 何となく、もっと他に鳥居が目に入らないかな、と思って世田谷区立郷土資料館からあえていつもと違う道を通って世田谷駅に出ることにしました。しかし、鳥居は目に入らず。しかし、とんでもないものを発見してしまいました。水路跡の断片です。

水路跡

 A~Bは人が入れない溝です。C~Dは細い道路になってます。

 更に世田谷駅が移転した理由も明瞭に見えました。

 旧世田谷駅は、おそらく踏切と水路跡の中間の領域にありました。現在、空き地になっている場所です。しかし、2両編成分のスペースが取れないので、踏切の三軒茶屋側に駅を移動させたのでしょう。

下高井戸周辺史雑記