2015年08月16日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト total 1312 count

ヤマト2の何が焦点をぼかしているのか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「やっと気付いたがね」

「なんだい?」

「ヤマト2は、人によって見ているところが違って、焦点がぼやけがちだ」

「どこに問題があるんだい?」

「つまりね。大きく分けるとアンドロメダ派とシーツ派に分かれると思うのだ」

「は?」

「アンドロメダ派は古代と土方のラインでヤマト2を把握しようとするファン層。シーツ派は、ズォーダーとデスラーのラインでヤマト2を把握しようとするファン層。実はこの2つはかなり違う」

「なぜシーツ派はアンドロメダを軽視できるの?」

「最初に真田がケチョンケチョンにけなしているからな。駄メカだと思ってもおかしくない」

「なぜアンドロメダ派はアンドロメダを肯定できるの?」

「地球を守るカナメとして活躍したからだ」

「ふーん。見ているところが違うわけだね」

「そうだ。シーツ派の最大の見どころは、デスラーの脱獄だ。その時、ズォーダーはデスラーを信頼する。そこが見どころ」

「アンドロメダ派は?」

「土星決戦が見どころだと考える」

「で、君はどっち?」

「シーツ派だろうな」

「なんで?」

「真田さんがこき下ろしたアンドロメダは、どこかで欠陥が出そうな危うさがあって肯定しきれなかったし、メダルーザはかっこ悪いし」

「それに対して脱獄するデスラーはかっこいいし、それを肯定するズォーダーもかっこいいわけだね」

「主観だけどな」

宇宙戦艦ヤマト

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §