2016年02月04日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記 total 1306 count

三鷹のドンキの謎を解く。そこにはいったい何があるのか? (水路的に)

Written By: 川俣 晶連絡先

「三鷹のドンキに隠された、1号水源に命令だ、ヤァ♪」

「そんな、バビル2世っぽく歌ってどうしたのだ?」

「三鷹の東八道路のドンキホーテには何回も行った」

「それは知ってるよ」

「行くと気になった。ここには何かある」

「鉄塔が建っているのだろう?」

「それもそうだが、鉄塔はゴールでは無い。水の匂いがするのだよ」

「それで?」

「実は、吉野商店のあたりまで川があったことは知っていたのだが、そこから上流にまだ水路があると聞いて、辿ってみたらドンキの裏だった」

「ホントかよ」

「途中に細長い空き地もあるし」

細長い土地

「それで?」

「ドンキの裏には、水道局用地という細長い空き地もあるし、野崎1号水源という私設もあった。なんということだ。裏に回って一周すればあっさりゴールにたどり着けたのだ。裏に回らなかったおいらの間抜け。確かに水の匂いがして当たり前。ここに水源が存在するのだからね。しかも現役」

その先 §

  • 1号水源はゴールではないらしい。更に延長部は存在するらしい
  • このあたりの土地の起伏を考えると少し不自然。本来は1号水源から南に向かう川があったのではないか? 南に向かう浅い谷はあった

下高井戸周辺史雑記