2017年04月18日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記 total 1116 count

ごちそう列車(1953年)を見る

Written By: 川俣 晶連絡先

「面白い映画だ」

「どこが?」

「魚の生食が日本の伝統【ではない】ことがよく分かる。冷蔵輸送する専用貨車や、光速の輸送列車があって、やっと可能になったことだ」

「それから?」

「D51が主役。入れ替えには96やB6も出てくる。D51はテンダーが8-20Bだったり10-20だったりして一貫しない。次のカットでもう変わっていたりする。同じ列車のように撮影されているが実際は複数の列車を撮影して編集したものだろうな」

「なんで分かるんだよ」

「それからキャブの内部は、石炭専燃であることが分かる。重油バーナーは無い」

「なんで分かるんだよ」

「いつの間にか、いろいろ分かるようになってしまった」

下高井戸周辺史雑記