2019年11月16日
川俣晶の縁側技術関連執筆情報【アタマとカラダで理解する!コンピュータプログラムはどのように動くのか?】読者サポート total 1073 count

訂正・アタマとカラダで理解する!コンピュータプログラムはどのように動くのか?・ブロック転送の破壊効果について

Written By: 川俣 晶連絡先

 アタマとカラダで理解する!コンピュータプログラムはどのように動くのか? 技術評論社 ISBN978-4-7741-9499-8の【自殺プログラムは可能か?】の章で、Z80にはブロック転送命令(LDIR命令等)によって自分自身を消去するプログラムを作成できる旨の記述がありますが、訂正します。

 Z80のブロック転送命令による消去に関する記述は全て削除とします。

 LDIR命令は1バイト転送を行うごとに命令の読み込みを行う仕様だそうです。つまり、自分自身を消してしまうと消えた後の転送が継続できず、消え残りが生じてしまいます。

 最後に自分自身を消して終われば良いのではばいかと思われるかも知れませんが、LDIR命令は一度に1バイト書き込みますが、LDIR命令は2バイトなのでどうしても1バイト残ってしまいます。