2020年08月03日
川俣晶の縁側技術関連執筆情報 total 924 count

PC-8001用DOS開発経験者が語る・パソコンOS設計論: なぜ超低機能MS-DOSが勝者になれるのか?

Written By: 川俣 晶連絡先

表紙

PC-8001用DOS開発経験者が語る・パソコンOS設計論: なぜ超低機能MS-DOSが勝者になれるのか?

「この本はなんだい?」

「要するに、MS-DOSは下から数えた方が早いぐらいの低性能OSなのに、大々的に普及して使われたのはなぜか、という理由を考察した本だ」

「そんなに低性能だったの?」

「そうさ。8086でUNIXだって動いてた。圧倒的に高性能だぞ。オフコンOSもたいていもっとパワフルだった」

「じゃあなぜ?」

「それを書いた本だ」

「じゃあさ。なぜ今頃こんな本を書いたの?」

「実は歴史研究の結果、8bitの8080だってマルチタスク当たり前の世界があると分かってしまったのでね」

「えー」

「それなのに、なぜ8080より強力な8086でMS-DOSみたいなシングルタスクのOSが流行ったのか。これは気になる!」

「確かに気になる!」