2020年08月28日
トーノZEROアニメ感想イナズマイレブン total 243 count

イナズマイレブン アレスの天秤・第8~9話 感想

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

  • 第8話 監督のいない日
  • 第9話 総帥 影山零治の奇策

御影専農戦 §

 趙金雲からの指示があったりなかったりする状態で戦います。

 必死に獄中で指示を出す趙金雲が面白い回ですね。

 しかし、どこまで意図的にやったのか分かりません。

 犯人は事実上子分さんだし。

帝国戦 §

 影山の支配を受け入れた黒い風丸。

 風丸は黒いのが似合うねえ。

 昔もエイリア石で黒くなったし。

 しかし、どう見たって帝国主役のエピソード。

 影山の策にはまってピンチの雷門。

 さあどうする。

まとめ §

 アレスの天秤、オリオンの刻印の特徴は、主役だったハズの者達を簡単に悪役にできることですね。

オマケ §

「鬼道」

「なんだ円堂」

「あの帝国のチーム、全員KIDOって書いたユニフォームを着ているぞ」

「スポンサーが鬼道だからな」

「じゃあ、もし鬼道が今の帝国と対戦したら鬼道対鬼道になるのか?」

「決まっている」

「それが人の道とは思えないぞ」

「鬼の道だ。さあサッカーの試合を捧げ物にして鬼王の復活と行くぞ!」

「鬼道! 頼む! 妖怪ウォッチの世界に行かないでくれ!」

オマケ2 §

「大丈夫です円堂さん」

「おまえは天馬。何が大丈夫なんだ?」

「俺が閻魔大王とミキシマックスして鬼道さんを止めて見せます!」

「だ~か~ら~」

オマケGO §

「それでナツメさんは誰が守るんだ?」

「ナツメさんは私がまもーる!」

「あ、三国先輩の正体はミツマタノヅチだったのか」

「違うと思うぞ」