2021年07月05日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記 total 668 count

爆竜戦隊アバレンジャー第37話のロケ地としての神田川・永福町

Written By: 川俣 晶連絡先

「爆竜戦隊アバレンジャー第37話に永福町のロケ地は存在すると知った私は、幸いTTFCの会員だったので即座に再生してみた」

「どうだった?」

「なんと、井の頭線と神田川が交差する場所。OISCAの看板が見える場所が映っていた!」

「びっくりー!」

和泉

「アバレンジャーの放送は2003年から2004年だから、その頃の永福町、和泉の風景が見られる。この感じだと黒猫ヤマトの建物がまだ無い時代だな。OISCAの看板の手前がスカスカな感じだ」

「懐かしい昔の風景だね」

「しかし、ここでロケしていたとは驚きだ。いとうあいこ(アバレイエロー)と冨田翔(アバレブルー)がここに来ていたんだ。しかも、その時期だとここまで歩いていた可能性がある。ロケ現場に出くわす可能性も無かったとは言えない」

下高井戸周辺史雑記