2021年08月09日
遠野秋彦の庵小説の洞 total 580 count

三百字小説『異境で最強』

Written By: 遠野秋彦連絡先

 負け犬ドッグは、同族の全ての犬と戦って負けた。

 失意のドッグは旅に出た。

 しかし、ネコの国に行っても負けた。

 ネズミの国に行っても負けた。

 しかし、ネズミが言った。

 「ドッグフードの国に行きなさい。トンデモネズミはトンデモネコに食べられるのと同じく、ドッグフードは犬に食べられるものです」

 「そうか! その手があったか!」

 ドッグはそのままドッグフードの国に向かった。

 全てのドッグフードは無抵抗だった。

 ドッグは好きなだけドッグフードを食べられた。やっとドッグは勝ったのだ。

 だが、やがてドッグは気づいた。

 もうお腹いっぱいだが、ドッグフードはまだ大量にあった。

 またもや、ドッグは負けたのだった。

(遠野秋彦・作 ©2021 TOHNO, Akihiko)

遠野秋彦