2021年08月25日
遠野秋彦の庵作品解説 total 131 count

新日本宇宙軍重巡洋艦『N高尾』22 九九光年の奇跡・喪失と引き替えの栄光

Written By: 遠野秋彦連絡先

表紙 新日本宇宙軍重巡洋艦『N高尾』22 九九光年の奇跡・喪失と引き替えの栄光

「ついに88ミリ光年砲編が完結する」

「終わっちゃうのか」

「そして、艦齢77年のN高尾もここで沈んでN高尾の物語もここで終わる」

「終わっちゃうのか」

「人類の栄光の勝利を引き替えにな」

「花道は用意してあるわけだね」

「この巻の特徴は、普通の意味での戦闘シーンが存在しないことだろうな」

「ピンチはないの?」

「いやある。でも、【信号がユニットに届いていない。なぜだろうか】とか【タンクに入っている物質が違うけどこれで本当にキャンセラーが動作するだろうか】とか、そういうピンチの連続で盛り上がる」

「【主砲発射】【どかーん】【やったやった】という話は単調でつまらんから、違う盛り上げをやったということだね」

「そう。そんなことより、もっと面白いことはいくらでもあるだろうと」