2022年06月27日
遠野秋彦の庵小説の洞 total 120 count

三百字小説『隊長ロプロス、空を飛べ!!』

Written By: 遠野秋彦連絡先

 王様は隣国の王様の親衛隊長が【天翔る隊長】と呼ばれていることを知ると、自分の親衛隊長を呼んだ。

 「ロプロスよ」

 「はっ」

 「おまえも空を飛べ」

 「えーっ」

 ロプロスはともかく手作りの翼を作って、高い塔の上から飛び降りてみた。

 すると、あっさり翼は壊れてロプロスは地面に激突して死んだ。

 王様は激怒した。

 「なんと情けない! 空も飛べないのか!」

 隊長を馬鹿にされた部下が反論した。

 「いえ。ロプロス隊長ははるか高い空にある天国にまで飛んでいったのです」

 王様はうなずくと言いました。「じゃあ、後任の隊長は君。空を飛んで」

 「えーっ」

(遠野秋彦・作 ©2022 TOHNO, Akihiko)

遠野秋彦