2003年02月23日
トーノZERO模型ワンダーフェスティバルtotal 1774 count

ワンフェス2003冬の、ああ素晴らしき成果!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 2月23日、ワンフェスが無事に終わりました。

 というわけで、川俣さんより報告があった、素晴らしき成果について書き記しておきます。

 その前に、過去の成果を書いておくと。

 ラト姫物語艦艇シリーズのガレキは、3回前のワンフェスで最初に販売されました。その時は、ナサ級のキット3個を持っていって完売。

 2回前はリノ級のキットを10個ぐらい持っていったものの1個しか売れませんでした。しかし、ナサ級を買おうとした人が2人ぐらい居たので、実質は3個分の潜在顧客はあったと言えます。

 1回前は、川俣さん入院のために販売は行われず。

 以上のことから考えて、まあ3個ぐらいは売れる余地があるものと考えられていたわけですが。

 結論としては、今回の販売数はゼロ!

 なぜ売れなかったのでしょうか。

 その理由はいろいろ考えられます。アイテムの魅力が足りないとか、そろそろ飽きられたとか、どれが新作かはっきり書かなかった不備とか。

 しかし、全体的に見て、やっぱり不況が厳しくなったからじゃないか、という意見に説得力がありそうです。なぜ、それに説得力がありそうなのかといえば。実際に、川俣さんと、お手伝いに来た人が二人とも貧乏で、ほとんど何も買い物をしなかったという事実があるからです。こんな感じで買わない人が増えているなら、マイナーなアイテムに金を出す人が減るのはしょうがないですね。

 というわけで、現在、川俣さんは思案中です。このままワンフェスに参加し続けることが正しいのかどうか。もしかして、インターネットによる販売に移行した方が、まだ売れる余地があるのではないか、等々。

 実際に何が正しいのか、と~のには分かりません。

 しかし、この手の活動が岐路に差し掛かっているのは事実でしょうね。

 ちなみに、今回の新作ブザ級宇宙突撃艦の作例は、と~のが見ても格好良いと思いましたよ。好き嫌いという問題はあるにせよ、全ての人が好きになれないとは思えません。

 と~のは、ここでくじけないように、川俣さんを応援しています。こんなマイナーなアイテムをキット化する人は彼しか居ませんから、ね!


ご注意: このコンテンツは、「バーチャルネットライター と~のZERO歳」と呼ばれるサイトに書き込まれた内容を変換して、本サイトに転送したものです。このコンテンツの内容は、「と~のZERO歳」という仮想人格が書いたものという設定であり、謎のアニメ感想家トーノ・ゼロと限りなく近いものの、必ずしも同一人格ではないことをお断りしておきます。

Facebook

キーワード【 トーノZERO模型ワンダーフェスティバル
【ワンダーフェスティバル】の次のコンテンツ
(ありません)
【ワンダーフェスティバル】の前のコンテンツ
2003年
02月
02日
卓番号B25-04 ワンフェスに行く人はよろしく~~~
3days 0 count
total 1790 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20030223235952
サイトの表紙【ワンダーフェスティバル】の表紙【ワンダーフェスティバル】のコンテンツ全リスト 【ワンダーフェスティバル】の入手全リスト 【ワンダーフェスティバル】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.