2003年12月23日
川俣晶の縁側技術関連執筆情報total 2359 count

.NETで簡単XML 第12回 オブジェクトをXMLでシリアライズ(4) ― xsd.exeを使ってスキーマを自動生成する ―

Written By: 川俣 晶連絡先

 下記記事が公開されました。

.NETで簡単XML 第12回 オブジェクトをXMLでシリアライズ(4) ― xsd.exeを使ってスキーマを自動生成する ―

 既に説明した通り、シリアライズの話題はどういうわけか、伸びて伸びて伸びまくっています。まだまだ終わりません。

 このあと、まだ、Webサービスで行われるシリアライズの仕組みについて分かりにくい部分を解説したり、XmlSerializerを使ってエンコード済みSOAP形式でシリアライズする方法も説明していきます。(この原稿は既に執筆して編集部に送付済み)

 それはさておき、今回の話題について言えば、やはりXML Schemaについて書くのは、嫌な感じがありますね。XML Schemaそのものの問題もさることながら、何が問題であるかを分かっていない支持者達の存在も問題です。何が争点になっているのかを正しく理解した上で、何かを支持するというのであれば、それなりに建設的な議論にもなるでしょうが。その段階に達していない人達が、そういう自覚を持つことなくXML Schema支持発言をしている状況は建設的とは言い難いところです。Visual Studio.NETや.NET Frameworkは、割と良い出来だと思いますが、サポートされるXMLのスキーマ言語がXML Schemaであるのは短所に数えて良いと思います。

 とはいえ、既にXML Schemaで書かれたスキーマがある状況で、それを読み書きするクラスをシリアライズを通じて実現するなら、このxsd.exeというツールは便利です。また、本文には書いていませんが、RELAX NGでスキーマを書き、RELAX NGからXML Schemaに変換する変換ツールを通してから、xsd.exeを通すような使い方は検討される価値があるでしょう。もちろん、使う場合は正しく処理できるか事前に確認してからにしてください。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側技術関連執筆情報
【技術関連執筆情報】の次のコンテンツ
2003年
12月
23日
予約語と同じキーワードを使うためのエスケープ識別子
3days 0 count
total 13644 count
【技術関連執筆情報】の前のコンテンツ
2003年
12月
19日
継承を使用した場合のコンストラクタの使い方とMyBaseキーワード
3days 0 count
total 38002 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20031223100412
サイトの表紙【技術関連執筆情報】の表紙【技術関連執筆情報】のコンテンツ全リスト 【技術関連執筆情報】の入手全リスト 【技術関連執筆情報】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.