2004年01月15日
川俣晶の縁側ソフトウェアMagSite1開発日誌total 2395 count

MagSite1 0.25 リリース、やっとTrackBack送信サポート (でも受信はまだこれから)

Written By: 川俣 晶連絡先

 MagSite1 0.25 リリースです。

 やっとTrackBack送信がサポートされました。

 このサイトのTrackBack送信の作成、いよいよ大詰めココログに対してTrackBack送信した実例があります。このように、MagSite1側から、外部へのTrackBack pingの送信は可能になりました。

 長かった道のりですが、これで半分。もしかしたら、残りは半分より多いかも知れません。百里の道を行く者は九十九里を持って半ばとせよ、という格言を信じれば圧倒的多数がまだ残っていることになります。

TrackBack送信の方法 §

 TrackBackを送信する方法は簡単です。コンテンツ作成ページの「トラックバック送信対象となるトラックバックURL」に、1行に1URLずつTrackBack ping URLを記入してから、「書き込む」ボタンをクリックするだけです。エラー発生時には削除、ペンディングリストに入れる、リトライを選ぶことができます。送信済みのTrackBack ping URLは記録され、同じURLを再度指定した場合は、本当に再送信するかどうかを選択できます。

体験したい場合は §

 ココログに実験に使えるエントリを用意しました。

実験用エントリ: http://autumn.cocolognifty.com/autumnlog/2004/01/post.html

実験用エントリに対するTrackBack ping URL: http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103521

 ちなみに、上記TrackBack ping URLをWebブラウザでクリックすると当然エラーになりますが、その内容が泣かせます。

<?xml version="1.0" encoding="iso-8859-1" ?>

<response>

<error>1</error>

<message>送信元URLが必要です</message>

</response>

 おそらく日本語のメッセージが入っていると思われますが、XML宣言でiso-8859-1を指定していたら化けちゃうでしょうに……。

 このメッセージはMagSite1でエラーを検出したときに表示しますが、きっとココログのバグではなく、MagSite1のバグだと思われるんだろうなぁ。一応、ココログにレポートしておくかな。ライバルに塩を送っているような気もちょっとして、とほほ。

変更点 §

 今回のバージョンの目玉はTrackBack送信ですが、それだけではありません。

 リファクタリングや、作業途中で見つけた問題の解消も行われています。以下が変更点のリストということになりますが、かなり大ざっぱなものだと思って下さい。他にも手を入れている箇所が多数あります。

  • TrackBackの送信
  • AdminFnの全面リファクタリング
  • 書き込みエラーの例外時に、innnerExceptionのメッセージも表示させる
  • アマゾン情報のテーブルの最下部に隙間が出来ている
  • NestedHtmlWriterを使っていないAdminWriteとAdminEditDefのCSSカスタマイズ対応

変更コスト曲線をなだらかに §

 ただ単にTrackBack送信可能にするだけならもっと短い時間で何とかすることもできますが、かなりの量のリファクタリングを行うことで、作業時間が伸びているというのも事実です。しかし、これは、変更コスト曲線をなだらかにするという効能のために行うことです。つまり、今は時間が掛かっても、後のソース変更の手間を大幅に軽減するということを行っているわけです。修正に対するソースコードの健全性はアップしていると思いますので、この先の展開にも乞うご期待です。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ソフトウェアMagSite1開発日誌
【MagSite1開発日誌】の次のコンテンツ
2004年
01月
15日
MagSite1 Version 0.25
3days 0 count
total 1920 count
【MagSite1開発日誌】の前のコンテンツ
2004年
01月
13日
TrackBack送信の作成、いよいよ大詰め
3days 0 count
total 2273 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040115142735
サイトの表紙【MagSite1開発日誌】の表紙【MagSite1開発日誌】のコンテンツ全リスト 【MagSite1開発日誌】の入手全リスト 【MagSite1開発日誌】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.