2004年02月27日
川俣晶の縁側ソフトウェアMagSite1開発日誌total 1876 count

「信念・意見表明系vs観察・啓蒙系」とMagSite1

Written By: 川俣 晶連絡先

 以下のような記事があります。

 この記事では、blogを行う人には、「信念・意見表明系」と「観察・啓蒙系」に分けられると言います。この記事を非常に乱暴かつ大ざっぱに要約すると、「信念・意見表明系」とは自らの意見を表明するために行うもので、共通点のない本当に色々な人達に囲まれてもバーンアウト(blogをやめること)しないものとなります。一方、「観察・啓蒙系」とはその逆で、共通点を持つ仲間と和気あいあいと行うものの共通点のない色々な人達に囲まれるとバーンアウトしてしまう(かもしれない)ものと言えます。

MagSite1の視線の先は「信念・意見表明系」か「観察・啓蒙系」か §

 ここで1つ書いておく必要があるのは、このような分類を前提としたときにMagSite1が目指す方向性です。

 MagSite1は、この2つの分類を前提としたとき、明らかに前者の「信念・意見表明系」にフォーカスしています。必ずしも自分の信念や意見を表明するためのツールという位置づけで開発しているわけではありませんが、不特定多数の見ず知らずの本当に色々な読者を対象にしたコンテンツを公開するためのツールである、と考えています。(その条件を現在のMagSite1が満たしているかというと、まだ足りない部分が多々あるのは事実ですが、これは今後の努力で達成したいと思います)

 逆に言えば、MagSite1は少数の身内と仲良くコミュニケーションするためのツールにはフォーカスしていないということです。(そのあたりの機能は、私が開発しているソフトの中では、むしろりすと亭が担う領域とも言えます)

この方向性は既に機能に反映されている §

 このことは、MagSite1の機能性にもいろいろと反映されていると思います。たとえば、見ず知らずの読者が、ある人物のサイト全体に興味を持つことは考えにくいことです。そのため、興味のある対象を絞り込んで読めるようにするために、階層化されたキーワード構造を用意しています。

 このようなキーワード構造は、実際に先行テストサイトとも言うべきと~のZERO歳システムの運用の結果、必要性が認識されて実現することを決めたものです。このと~のZERO歳システムは、さほど宣伝を行っていないにも関わらず、検索エンジン経由で発見され、読まれるという事態が起きていました。つまり、不特定多数の見ず知らずの本当に色々な読者が読みに来るサイトは、そういう読者が欲するキーワードを提示していれば、容易に実現できることが分かったわけです。であるならば、それを支援するためのシステムを作りたい、と思った成果物がMagSite1になります。

blogと言うべきか悩む理由とは §

 そのような前提から開発されてきたMagSite1は、「観察・啓蒙系」での利用を意識した他のblogツールとは少々趣が違うと思います。そのため、blogツールであるとするよりも、Micro Web Publishingのような言葉でカテゴライズを意思表示してみようかと、そんなことも考えてみたりするわけです。

最後に §

 不特定多数の読者に読まれることを意識的に選び取る利用者のために、MagSite1の開発を頑張りたいと思っています。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側ソフトウェアMagSite1開発日誌
【MagSite1開発日誌】の次のコンテンツ
2004年
03月
06日
取るに足らない小さな話題・最近感じている1つの疑問
3days 0 count
total 1547 count
【MagSite1開発日誌】の前のコンテンツ
2004年
02月
14日
管理のための通常見えない世界の開発
3days 0 count
total 1606 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040227175217
サイトの表紙【MagSite1開発日誌】の表紙【MagSite1開発日誌】のコンテンツ全リスト 【MagSite1開発日誌】の入手全リスト 【MagSite1開発日誌】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.